ロゴ
HOME>特集>カードローンは金利を比較するべし!【賢く選択することが重要】

カードローンは金利を比較するべし!【賢く選択することが重要】

女の人

カードローンの種類

カードローンは大きく分けて預金業務を行っている金融機関の銀行系と、預金を扱っていない信販会社や消費者金融などの貸金業系に分類されます。両者を比較すると、銀行系は貸付金利が低いので元金と合算した支払い額を低く抑えられるメリットがありますが、審査は慎重に行われ貸付までに時間がかかるのが特徴です。何故カードローンの金利が低くできるかと言うと、法人や個人から預かったお金で投資や貸付等の業務を行えるため、多少抑えめにしても大きな利益を上げることができるからと考えられます。一方、貸金業は銀行から融資を受けて元手にして顧客に貸付をするために、銀行から融資を受けた際の貸付金利を上乗せして利益を出すので比較的高めになりますが、顧客の利便性を考えて柔軟な対応が可能な場合があります。

男性

カードローン会社を選ぶ際のポイント

純粋に返済額をシミュレーションすると分かりやすいですが、カードローンで金利の低さを重視するのであれば銀行カードローンがお得になるでしょう。初めてカードローンを利用する時には、まだ履歴がなく信用力が未知数の状態ですので、たいていの方は下限の利用限度額が適用されることがほとんどだと考えられます。カードローンは利用限度額が高くなるほど信用されていて金利が低く優遇されますので、契約をした限度額が高いことから当初は比較的高い金利が適用されるでしょう。銀行系の借入の場合最も高い金利が15%前後くらいの所が多いのに比べ、貸金業系は法律で決められた上限に近い18%台前後の所がほとんどです。ただ、即日融資を希望する場合や、パートやアルバイト、自営業等の属性で審査基準に適わないのではと危惧するのであれば、比較的柔軟な消費者金融を選択した方がいい場合があるでしょう。貸金業系で借入の翌日から1ヶ月程度無利息期間が設けられている所を選べば、初回は元金のみで済みますし、ポイント制度がある会社であれば、借入の都度付くポイントで支払いに充当できる場合があります。