ロゴ
HOME>特集>住宅ローン控除を受けるには【確定申告を絶対しよう】

住宅ローン控除を受けるには【確定申告を絶対しよう】

住宅模型とお金

住宅ローン控除とは

数多くの人が憧れるのがマイホーム。その夢の実現を国が後押ししてくれる税制上の優遇制度が、所得税の住宅ローン控除です。この控除は、正式な名称を「住宅借入金等特別控除」といいます。これは個人が住宅ローンを利用して家の新築・増改築をしたり、マンションや中古住宅などを購入したりした場合に所得税の減額を受けることができる制度です。一定の条件のもとで毎年年末の住宅ローンの合計残高から算出される金額を、該当する年の所得税額から10年間に渡って差し引くことができます。住宅ローン控除の適用を受けるためには、原則として翌年2月16日から3月15日の期間に確定申告を行う必要があります。給与所得者については、2年目以後は勤務先の年末調整で手続きを済ませることができる場合もありますが、最初の年は確定申告をしなければ所得税の優遇は受けられません。

お金

住宅ローン控除を受ける際に必要な書類

住宅ローン控除を受けるためには、住所地を管轄する税務署で確定申告を行います。手続きには、まず税務署に用意してある「確定申告書」と「住宅借入金等特別控除の計算明細書」へ必要事項を記載します。控除の適用を受ける最初の年の添付書類としては「住民票の写し」を市区町村役場で、「家屋・土地等の登記事項証明書」を法務局で発行してもらいます。そのほかに金融機関から送られてくる「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」や不動産会社等と交わした「不動産売買契約書」あるいは「請負契約書」等のコピーも用意しておく必要があります。また、給与所得者については勤務先の「源泉徴収票」も忘れてはいけません。2年目以降の住宅ローン控除の手続きは幾分簡単になりますが、最初の年は用意する書類も多くて大変です。早めの準備を心掛け、不明な点については税務署に確認するようにしましょう。